熊谷市立玉井中学校野球部OB会はこちら

玉 中 会
今期通算成績熊谷市野球連盟1部 所属今期通算成績



野球を愛する若者とオッサンの融合チーム

玉中会(たまちゅうかい)とは、熊谷市立玉井中学校野球部OB(昭和47年生まれ)が中心になって結成したチームです

明るく楽しく全力プレー、頑張れ少年野球、中学野球、高校球児!!

今期通算成績随時部員募集中今期通算成績
熊谷市野球連盟1部に所属してます
活動地域は、熊谷市を中心に、埼玉県内です
メンバーは、県内外、いろんな所から集まってます
監督以外、高校野球経験者(笑

若くて動ける野球経験者、投手、捕手、内野手、外野手、体験大歓迎です
もちろん若くて動ける玉井中野球部OBも大歓迎(笑

活動は、年間通して日曜日、連盟大会/リーグ戦/練習試合です

部費は、年間、学生5,000円、社会人10,000~15,000円くらい

楽しくいきましょww

お問い合わせこちら今期通算成績管理人/監督 小林剛之

【チーム沿革】 
 平成16年 30歳、中学校同窓会を機にチーム発足、熊谷市野球連盟3部登録 
 平成17年 チーム発足1年で2部昇格 
 平成21年 2度目の入れ替え戦で1部昇格
   
【県大会成績】 
 平成21年  第32回福永杯 初戦敗退
 平成28年  2016日本マスターズ埼玉県予選 2回戦敗退
 平成30年  第31回県民総合体育大会 初戦敗退
 令和 1年  第42回福永杯 ベスト8


平成28年度平成29年度平成30年度

今期通算成績 試合結果 平成31年度(令和1年度) 今期通算成績



【令和元年度県下選抜野球大会熊谷市予選会(1部)】

令和1年6月2日  玉中会 vs サンデーズ 1ー9負け

本日は熊谷市の連盟2大会目、県下選抜予選。優勝して再び県北大会へ出場したいところでしたが…。
お相手は前大会で大逆転負けを喫したサンデーズさん。過去4勝4敗、早くもリベンジのチャンスが訪れました。
先発は県大会勝利投手の内田。
しかし初回、ヒットのランナーを2塁において、痛恨のワイルドピッチで一気にランナーがホームまで帰ってしまい、1点先制されてしまいます。
せめて3塁で止めなくてはいけませんでしたね。
しかし玉中会もすぐさま反撃。47歳にして打撃覚醒した小林監督のタイムリーですぐさま同点に追い付きます。
しかし3回、相手1番バッターにセンターオーバーのランニングホームランを打たれてしまい1ー2。いやぁ、いいバッターですねぇ。
さらに4回、1、3塁からスチールされキャッチャーの悪送球で1ー3。 とどめは5回、先発内田が連打をくらい大量6失点。
1ー9と試合の大勢は決まってしまいました。 打線は2回以降得点を奪えずこのまま1ー9で試合終了。
リベンジできず初戦敗退となってしまいました。 また1から出直しですね。
これで年内の県大会につながる予選は終了です。年に2度の県大会はならずでした。ここからは来年度の県大会につながる大会です。
次大会は優勝できるように気合い入れ直しましょう‼️ 志村マルチ。 負 内田 4勝2敗

打撃成績 1勅使河原346➡️2小林剛321➡️3坂口➡️4箕浦➡️5山田↘️6安川➡️7山口➡️8志村↗️9内田↘️10富樫↘️(規定到達10人)
小田規定割れ。 田中慎000規定割れ。

--監督後記--
来た球を打つ
それだけさ笑



【クローバーカップ予選第4戦】

令和1年6月2日  玉中会 vs キロロ(鴻巣市野球連盟1部) 4ー7負け

本日は新たな目標に向かって再スタートの初戦。県大会の燃え尽き症候群が心配された本日の試合、お相手は鴻巣市の強豪キロロさん。過去6勝0敗です。 先発はローテーション入りを期待されている小田。しかし2回、4回とタイムリーで失点して0ー2。玉中会も4回相手失策で1点返して1ー2。
しかし5回、疲れの見えた先発小田がつかまり、エラーも絡み1ー5。
先発小田は4回3分の2で5失点と今日は結果が出ませんでしたが、ストレートの威力は申し分なく、次回に期待を持てる内容でした。
試合はその後、永井や木村のタイムリーなどで一時は1点差にせまるも、終盤追加点を奪われ万事休す。4ー7で敗戦となってしまいました。
対キロロさん初黒星。まあ今日はこんな感じになりそうな予感はありましたね祭りのあとのような雰囲気でしたからね
でもそんなこといつまでも言っていられません。来週から熊谷市の県下選抜予選が始まります‼️モチベーション上げて再び県大会目指しましょう‼️
そして一つ残念なニュース。中村選手が転勤にともない登録抹消となりました。華麗なる実績をひっさげての入団でしたが非常に残念です。在籍中はあまり参加できなかったようでしたが、また埼玉に戻ってきたら、復帰してたくさん参加してくださいね これでまた総勢28名に戻りました。このメンバーで県下選抜予選勝ち抜きましょう‼️ 
ベテラン新井、2イニングパーフェクト敗戦処理。 負 小田 0勝1敗

打撃成績 1勅使河原346↗️2小林剛308↘️3坂口↗️4山田↗️4箕浦↘️6安川➡️7山口➡️8内田➡️9富樫➡️10志村➡️(規定到達12人) 勅使河原、初の首位打者。 小田、規定復帰。 田中慎000、規定復帰。 最大6人いた3割バッターが、あっという間にわずか2人。小林監督粘ってくれ❗

--監督後記--
俺はもう終わった
さようなら



【第42回福永杯埼玉県大会】

令和1年5月25日  準々決勝 玉中会 vs ドロップス(東松山市) 7ー10負け

県大会初戦、劇的サヨナラ勝ちの余韻も覚めやらぬまま始まった準々決勝。
お相手は東松山市の強豪ドロップスさん。勝ってさらなる高みへ昇りたいものです。
先発は山田。しかし初回、四球でランナーをためると走者一掃のタイムリーツーベースを打たれてしまい、0ー3といきなりビハインド。
しかし打線は相変わらず好調。初戦サヨナラヒットの勅使河原のタイムリー、田中信のタイムリーですぐに2点返して2ー3。
さらに2回、坂口、志村、勅使河原の3連続タイムリーが出て3点追加。5ー3と逆転します。
3回には山田にランニングホームランが出て6ー3。ベスト4が見えて来ました。
しかし、4回守備陣が崩壊。エラー連発で4点奪われ6ー7と逆転されてしまいます。なんとももったいない回でしたね。
ちょっとした気の緩みは県大会レベルだと取り返しのつかない致命傷になりますね。
その後はお互い加点するも、逆転することはなく結局7ー10で敗戦となってしまいました。
いやぁ、もったいない試合でしたね。初回は3四球で3失点。4回もほぼほぼエラーでの4失点でしたからね。
一方の玉中会は12安打打って敗戦ですからね。やはりディフェンスは大事ですね。
しかし、2戦目に敗れたとはいえ、玉中会史上キャリアハイを更新する、県ベスト8という結果を残しました。
やってきたことは間違いではなかったですね。胸を張って熊谷に帰りたいと思います。
これで次の目標が決まりました。県ベスト4。決して無謀な目標ではないと思います。 新たな目標に向かってまた明日から再スタートですね‼️
坂口4安打固め打ち。 負 山田 2勝3敗 山田1号

打撃成績 1小林剛364➡️2勅使河原346↗️3箕浦333↘️4坂口↗️5山田↗️6安川↘️7山口↘️8内田↘️9富樫➡️10志村➡️(規定到達10人)

--監督後記--
駅前に、飛行機があった
あれ、酔っ払ってたら、俺機長「出発進行~!!」だろ(笑

------------------------------------------------------
令和1年5月25日  1回戦 玉中会 vs 渡辺ツインズ(戸田市) 3Xー2サヨナラ勝ち

今日は待ちに待った県大会。2年連続3度目でこの舞台に立つことができました。
しかし玉中会の過去の成績は、10年前の初出場時の福永杯は1回戦戸田市のサントリーフーズさんに敗退。
昨年の県総体は1回戦で行田市のテイ・エステック埼玉さんに敗退と、まだ県大会で勝ったことがありません。
3度目の正直でなんとか初戦突破したいものです。
その1回戦のお相手は、県大会の常連、戸田市の強豪、渡辺ツインズさん。球場は初出場時と同じ所沢航空記念公園球場。舞台は整いました。
県大会初勝利をかけた大事な試合、先発はエース内田。
しかし、初回サード勅使河原の悪送球で0ー1。さらに2回、ファースト山口のエラーで0ー2。非常にいやな流れです。
反撃は3回裏、小林剛、内田の連打でチャンスを作ると、志村のスクイズが成功して、1ー2とします。
さらに5回、坂口のヒットでセカンドランナー小林剛がホームを狙うも惜しくもタッチアウト。 しかし6回、相手ワイルドピッチが出て2ー2となって最終回へ。
先発内田は3回以降も集中力を切らすことなく、0を並べ最終回裏の攻撃へ。
内田、坂口の連打でチャンスを作り、バッター勅使河原。ここで見事に左中間へサヨナラタイムリーを放ち、劇的サヨナラ勝ちをおさめました。ナイスバッティング‼️ 3度目の正直でついに県大会初勝利を成し遂げました。感無量です❗ いや、本当にみんなよく頑張ったと思います。
正直昨年からスター選手が何人もチームを去り、どうなってしまうんだろうと思っていましたが、今のこのメンバーで勝てたってことが本当に嬉しいです。
内田投手、よく投げましたね。県大会勝利投手、過去誰もできなかったことだからね。コツコツと積み重ねてきた結果が出て本当嬉しいよ‼️
チームはこれで県ベスト8。キャリアハイ達成です❗さらなる高みへかけ上がりましょう‼️ 勝 内田 4勝1敗

打撃成績(1回戦終了時点) 1小林剛364↗️2箕浦333➡️3勅使河原318↘️4山口316↘️5安川314➡️6山田➡️7内田➡️8坂口➡️9富樫➡️10志村↗️(規定到達10人) 小林監督、試合中リタイアも初の首位打者。 志村、規定到達。

--監督後記--
山口インチキ首位打者陥落(笑
47歳インチキ首位打者降臨(笑
しかし富樫、試合に間に合えよな、生ビール奢りだな(笑



【対外試合】

令和1年5月19日  玉中会 vs 球猿(熊谷市野球連盟3部) 3ー2勝ち

先週の県北大会の余韻も覚めやらぬまま、もう来週は県大会です。今日はその間の大事な調整試合。
お相手は今年熊谷市に新規登録した球猿さん。前回対戦時はどうにかサヨナラ勝ちをおさめました。
今日の大事な試合、先発は山田。今日は立ち上がりの不安定さが出てしまい、初回、2回と1点づつ奪われ0ー2。よく2失点で粘ってくれました。
反撃は4回、坂口にタイムリーが出て1ー2。 山田は今日は土曜日登板の可能性もあるので、5イニングでお役御免。
5イニング2失点で先発投手の役目をどうにかつとめてくれました。
6回からは2番手坂口。今日はランナーを出すものの、粘りの投球で得点をあたえず流れを引き寄せます。
すると8回裏、ツーアウトランナー無しから、2つの死球で塁を埋めると、内田がしぶとくライト前に落とし2ー2の同点。
さらに1年ぶり参加の横瀬がライトオーバーのツーベースを打って3ー2と逆転に成功します。
最終回、6回からロングリリーフの坂口がピシャリと締めてこのまま3ー2で勝利しました。 来週の県大会に向けて、いい弾みがつきましたね。
お相手の球猿さん、前回対戦時も感じましたが、すぐに2部、1部と上がってくるチームだと思います。
1発目の大会は結果が出なかったようですが、次の大会は優勝して2部昇格されることを期待しております
われわれは、来週は県大会です。まだ県大会では勝ったことがありません。3度目の正直で初勝利を目指しましょう‼️
坂口、嬉しい入団後初勝利。 横瀬、1年ぶりの参加でマルチヒット。 勝 坂口 1勝0敗

打撃成績 1山口375➡️2勅使河原333↗️2箕浦333↗️2小林剛333↗️5安川324↘️6山田321↘️7内田➡️8坂口➡️9富樫↘️(規定到達9人) 箕浦、規定復活。
小田、田中慎000、規定割れ。 志村があと1打席で規定に到達ですね。 3割バッターがなんと6人❗玉中会史上打線は最高の状態ですね

--監督後記--
25(土)朝はえ~から高速だな



【第42回福永杯県北代表決定戦】

令和1年5月12日  玉中会 vs パンサーズ(寄居町代表) 12ー2勝ち

 県大会出場決定 本日は待ちに待った県北大会。県大会出場へマジック1。負けられない試合です。
この大事な試合、今日も玉中会打線絶好調。 初回、ベテラン安川のタイムリーで1点先制すると、小林監督にもタイムリーが出て2ー0。
さらに2回、ベテラン安川の2点タイムリー、今年打撃開花の山田の2点タイムリーなど打者一巡の猛攻で7点追加して9ー0とリードを広げます。
この大事な試合、先発は内田。内田は3回、点差からかちょっと緩みが出て2点返されて9ー2。
この回は内野にもちょっと緩みが出てしまいましたね。しかしベテランキャッチャー安川がすぐさまタイムをとり締め直したのは、さすがの一言です❗
すると3回、富樫の犠牲フライ、小林監督の2点タイムリーが出て3点追加12ー2。試合を決定付けました。
先発内田はその後危なげなく0を並べ、このまま12ー2、5回コールド勝ちで見事勝利しました。
大会は違いますが、これで2年連続3度目の県大会出場となりました。過去2回はいずれも初戦敗退でしたので、今回こそ初勝利したいですね。
同時に抽選も終わりまして、球場は所沢航空公園で相手は県大会の常連、戸田市の強豪、渡辺ツインズさんに決まりました。
思い返せば10年前、県大会初出場した時も所沢航空公園球場で同じ戸田市のサントリーフーズさんに敗れました。何か因縁めいてますねぇ。
チーム一丸でなんとか一泡ふかせてやりましょう‼️ 勝 内田 3勝1敗

打撃成績 1山口375↗️2安川355↗️3勅使河原333➡️3小林剛333↗️5山田320↗️6富樫↗️7内田↗️8坂口↘️9小田↗️10田中慎000↗️(規定到達10人)
箕浦1週で規定割れ。 なんと3割バッターが5人。こんなに打線好調なこと、ここ数年なかったなぁ

--監督後記--
25(土)、所沢に近い順で、強制参加な(笑
俺は25(土)インフルで欠席予定(笑



【対外試合】

平成31年4月28日  玉中会 vs プレジデント(ふじみ野市野球連盟1部) ダブルヘッダー 3ー2勝ち 12ー2勝ち

本日は県北大会前最後の大事な大事な調整試合。勝って弾みをつけたいところです。
お相手はふじみ野市の強豪プレジデントさん。3年前から交流が始まって今年で4年目。過去2勝1敗、毎年ありがとうございます‼️
第一試合、先制は玉中会。3回、川野のタイムリーで1点先制1ー0。さらに4回、山田のタイムリーで2ー0。先制、中押しといい流れです。
先発は山田。今日は絶好調とはいえないものの粘り強い内容で5回まで0を並べます。 しかし疲れの見えた6回、1点返され2ー1。
その裏玉中会は勅使河原が足でかき回して相手のミスを誘い1点追加3ー1。結果としてこの1点が非常に大きかったですね。暴走と好走塁は紙一重ですね。 最終回、山田がまたしてもピンチを招き、1点返され3ー2。続くピンチはファースト勅使河原の好判断でランナーをアウトにしてなんとか切り抜け、なんとか3ー2で逃げきりました。
先発山田はよく粘り強く投げましたね ナイスゲームでした。
山田、粘りの完投勝利。 勅使河原、好守、好走塁で勝利に貢献。 川野、猛打賞。 勝 山田 2勝2敗 打撃成績は2試合まとめて❗

続いて行われた第2試合は、第1試合の勝利で気をよくしてしまった玉中会が初回から猛攻。
初回、箕浦のタイムリーで1点先制すると、3回、川野のタイムリーで1点追加2ー0。
さらに4回、箕浦のタイムリー、山田のタイムリーなどなど打者13人の猛攻で一挙8得点で10ー0。試合を決定付けました。
先発内田は4回にツーランホームランで2点返されますが、5イニングで失投はこの1球くらいのほぼ完璧な内容。県北大会へ向けて万全な状態ですね。
試合は6回に勅使河原の特大ツーランホームランが飛び出し12ー2。 最後2イニングは、この日誕生日の坂口が0におさえてこのまま勝利しました。
投打噛み合った最高の内容でしたね。 これで最高の状態で県北大会をむかえられそうです。
プレジデントさん、今年もありがとうございました。今後もよろしくお願いいたします‼️
内田、万全の仕上がり。 勅使河原、待望の第1号。 川野、猛打賞、驚愕の2試合6安打固め打ち。 坂口、バースデー8タコ…。ピッチングでは0封筒。
おじさん軍団、箕浦以外は散々な結果。2試合で、 木村2ー0。 有馬4ー0。 新井努3ー0。 相山5ー0。 勝ち 内田 2勝1敗 勅使河原1号

打撃成績 1箕浦429↗️2山口375↘️3勅使河原333↗️4安川321↘️5小林剛↘️6山田↘️7坂口↘️8内田↘️9富樫↘️10小田↘️(規定到達11人) 箕浦、規定到達。
勅使河原、規定復帰。 近石、規定割れ。 全体的に皆打率上がったので、山田などは打率4分上がったのに順位が下がる珍現象。

--監督後記--
なし笑



【対外試合】

平成31年4月21日  玉中会 vs ベアーズベースボールクラブ(関東草野球リーグ1部) 5-3勝ち

いよいよ福永杯の県北大会まで残り2試合。最後の調整段階に入って来ました。
そして今日は久しぶりに人がたくさん集まりました。嬉しい限りです。毎週今日くらい集まって欲しいですね。
本日のお相手は、関東草野球リーグ1部の強豪、ベアーズベースボールクラブさん。初対戦になります。
先制のチャンスは玉中会。2回、ツーアウト2塁から勅使河原のがヒットを放つも、セカンドランナー安川が転んでしまい得点ならず。
試合はここから投手戦。先発内田が見事なピッチングで0を並べるも、打線も援護できず終盤へ。
試合が動いたのは7回。先頭内田がヒットで出塁するも、盗塁死。
チャンスが潰れたかに見えましたが、勅使河原が四球を選んで盗塁で進塁すると、日サロで真っ黒に日焼けした富樫にタイムリーが出て待望の先制点。
さらに山田がヒットで続いた後、坂口にセンターオーバーのスリーランホームランが出て4ー0とします。
8回に内田が1点返され4ー1となりますが、その裏相手エラーで1点追加5ー1。最終回へ。
ここで勅使河原が志願登坂するも、ストライクが全く入らず、すぐに3番手富樫へ。
しかし富樫もピリッとせず、2点返されなおもツーアウト満塁、1打逆転のピンチ。ここでベンチは再び内田をマウンドへ。
内田はこのピンチを無難に切り抜け見事5ー3で勝利しました。 最後ちょっと締まらなかったですが、勝てて弾みがついたと思います。
あと1試合しっかり調整して県北大会に挑みましょう‼️ 内田、見事なピッチング。 坂口、待望の第1号。 志村、山田マルチ。 勝 内田 1勝1敗 坂口1号

打撃成績 1山口375➡️2安川321➡️3小林剛➡️4坂口➡️5山田↗️6富樫↘️7内田↘️8小田↘️9近石➡️10田中慎➡️(000)(規定到達10人)

--監督後記--
みんな楽しそうだな草野球
今週いけんのかなぁ(泣



【対外試合】

平成31年4月14日  玉中会 vs 葛飾セブンベースボールクラブ(葛飾区野球連盟1部) 1ー12大敗

本日のお相手は葛飾区の超強豪、葛飾セブンベースボールクラブさん。初対戦です。
今日は福永杯の県北大会まで一ヶ月を切った中での非常に大事な試合だというのに、全く人が集まらない状況。
結局ギリギリに9人集まってようやく試合できる状態になりました。皆さん頼みますよ❗
試合は初回から、葛飾セブンベースボールクラブさんの猛打爆発。2、3、1、4、2点と5回まで毎回の12失点。
まあ、守備の乱れもかなりありましたので、ピッチャーは責められませんね。
打線は、今年初参戦の有馬のタイムリーで1点返すのがやっと。1ー12の大敗でした。試合壊してしまってすいませんでした。
県北大会に向けて不安だらけの状況ですが、あと調整2試合で本番です。切り替えて前を向いて行きましょう。
また今日は試合成立に多くの方にご協力いただき本当に感謝です。日野さん、勝野君、広村君本当にありがとうございました。
ギリギリまで動いてくれた、富樫選手、内田選手、坂口選手、田中慎選手ありがとう‼️頼りになります。なんとかなって本当に良かったですね。
さらに、人数不足に悩む玉中会に嬉しいニュース。待望の新人です。 志村選手。草野球には貴重なオールラウンドプレイヤーの入団です。
この苦しい状況を救ってくれることを期待しております。 負 志村 0勝1敗

打撃成績 1山口375➡️2安川333➡️3小林剛↗️4坂口↘️5富樫➡️6小田↗️6内田➡️8山田➡️9近石➡️10田中慎(000)(規定到達10人)

--監督後記--
連休前で休めません、ごめんなさい泣



【対外試合】

平成31年4月7日  玉中会 vs 球猿(熊谷市野球連盟3部) 8x-7 サヨナラ勝ち

本日のお相手は今年熊谷市に新規登録した若きチーム、球猿さん。キングコブラの宮崎さんの息子さんもいらっしゃるので絶対に負けられません。
しかし試合は終始球猿さんペース。 初回、いきなりライト小林監督のトンネルなどで2点先制されてしまいます。
2回に相手失策で追い付くものの、3回、先発内田がツーランホームランを打たれてしまい、2ー4。すでに動画もアップされてましたねぇ。
さらに7回、守備陣が崩壊。エラー連発で2点追加されて2ー6。
しかし、玉中会も8回、逆転への布石を。ツーアウトから木村がヒットを放ち9番田中慎まで打順を回します。これで最終回1番から始まるので、このヒットが地味ながら、ファインプレー。
小さなことからコツコツと。絶対的エースのいなくなった今の玉中会にとって一番必要なことです❗
しかし9回表、2番手川野が1点取られ2ー7。勝負ありと思われ、あきらめた人間もいましたが、9回裏奇跡の大逆転へ。
1番から始まる攻撃。つなぐことを徹底して、早打ちが多い1番内田がじっくり四球を選び出塁します。2番川野がツーベースで2、3塁。
さらに今シーズン打撃覚醒した3番山口がツーベースで続いて2点返して4ー7。さらに4番安川にもタイムリーが出て5ー7。
5番小林剛は倒れましたが、6番相山がエラーで出塁。すると7番富樫にタイムリーが出て6ー7。8番木村が四球で続いてワンアウト満塁。
ここで今シーズンいまだにノーヒットの9番田中慎一。ここで2球目、スクイズのサイン。第3打席では失敗した田中慎一が、ここではしっかり決めて7ー7。
さらにセカンドランナー富樫も一気にかえってきて金足農業ばりの逆転サヨナラツーランスクイズ‼️大逆転サヨナラ勝ちでした。
多方面からお叱りがありそうですが、勝ちにこだわる姿勢は今の玉中会には、絶対に必要です。このくらいしないと5月の県北大会は勝ち抜けません。いい弾みになったと思います。
お相手の球猿さん。若くて勢いがあってマナーもしっかりした、非常にいいチームでした。
あっという間に2部、1部と上がって来るでしょう。その時まで2部に落ちないようにしないといけませんね。
山口、小林剛マルチ。 新井、木村出塁10割。 川野、タナボタ勝ち投手。 田中慎、今年もミスタースクイズ‼️ 勝 川野 1勝0敗

打撃成績 1山口375↗️2安川333↘️3坂口➡️4小林剛↗️5富樫↗️6内田↘️7小田➡️8山田➡️9近石↗️10田中慎(000)↗️(規定到達10人)
山口、初の首位打者。ここからどこまで下がるのか❗ 田中慎、初のベストテン入り。 勅使河原、新井尚規定割れ。

--監督後記--
今週の田中先輩
ツーランスクイズ最高でした!!
俺、北本に足を向けて寝れない(笑

そして山口首位打者(笑
もうじき死ぬんちゃうか(笑



【対外試合】

平成31年3月31日  玉中会 vs 清瀬ロングコックス(清瀬市野球連盟1部) 2ー3負け(エキジビション0ー4負け)合計2ー7

本日は熊谷市野球連盟の開会式。今年も無事行われました。
開会式後に移動して行われたオープン戦。お相手は清瀬市の強豪、清瀬ロングコックスさん。過去1勝0敗です。
先制のチャンスは玉中会。初回坂口のヒットなどで満塁とするも無得点に終わります。
先発は山田。今日は今年1番の内容に見えましたが、3回、先頭への四球をきっかけに1点先制されてしまいます。
玉中会も6回、坂口のこの日2本目のヒットなどでまた満塁のチャンスを作るも、またしても得点ならず。
するとその裏、先発山田が制球を乱し2点奪われ0ー3。先発山田は今日は次回に期待の持てる内容でした。 
玉中会は、8回に1点返し、さらに最終回、坂口がこの日3本目のヒットで出塁すると、ベテラン安川がタイムリーを打って2ー3とするも反撃もここまで。
きっちり昨年のリベンジをされてしまいました。
時間が余ったので行われたエキジビションは、志願登板の坂口がめったうちにあい4失点でした。
昨年も思いましたが、お相手の清瀬ロングコックスさんは、若くてマナーもよくて本当に素晴らしいチームでした。次はうちにリベンジの機会を与えてください。
負 山田 1勝2敗

打撃成績 1安川350➡️2山口333➡️3坂口↗️4内田↘️5小林剛↘️6富樫↗️7小田↗️8山田↘️9新井尚➡️9勅使河原➡️(規定到達12人)
大本命、坂口が上がってきました。 田中慎一、待望の規定到達。(000)

--監督後記--
開会式と大宮健保、お疲れ様です
俺は、温泉なう(笑



【クローバーカップ予選第3戦】

平成31年3月24日  玉中会 vs ボストン(鴻巣市野球連盟1部)7ー1勝ち

今日は桜の開花宣言が出たというのに、寒風吹き荒れる中でのリーグ戦。 お相手は鴻巣市のボストンさん。過去2勝1敗2分です。
先制は玉中会。2回阿部の犠牲フライで1点先制します。
さらに4回、山田の好走塁で1点追加2ー0。
先発はリベンジ登板の山田。今日はのらりくらりと0を並べますが、4回裏、ポテンヒットで1点返され2ー1。
先発山田は今日は全くギアを上げないものの、丁寧なピッチングで5イニング1失点。勝ち投手の権利を持ってマウンドをおります。
すると6回、玉中会打線爆発。田中慎四球、新井努ヒット、坂口ヒットで満塁から内田の2点タイムリーツーベース。さらに首位打者安川がしぶとく間に落とし5ー1。さらに近石の内野ゴロ、山田の内野安打で2点追加7ー1。打者一巡のビッグイニングで試合を決定づけました。
その後は坂口、近石のリレーでこのまま逃げきり7ー1で勝利しました。 これで連勝。この調子でさらに連勝伸ばしましょう‼️
坂口、内田、山田マルチ。 新井努、1安打3四球で出塁10割。 安川、ポテンヒットで首位打者キープ。 勝 山田1勝1敗

打撃成績 1安川353➡️2内田↗️2山口➡️4小林剛↘️5山田↗️6坂口↗️7富樫↘️8小田↘️9新井尚↘️9勅使河原↘️(規定到達11人) 木村規定割れ。

--監督後記--
いま、日曜夕方
これからホルモン屋へ
え?明日仕事だよね?

関係ないね(柴田恭平風に、笑)



【クローバーカップ予選第2戦】

平成31年3月17日  玉中会 vs ブラックパンサー(熊谷市野球連盟3部) 5ー2勝ち

本日は先週の悪夢の逆転負けから出直しの初戦。
お相手はブルージェイズネクストからチーム名を変更した熊谷市のブラックパンサーさん。過去3勝1敗です。ユニフォームはまだできてないようですね。
初回、富樫の内野ゴロの間に1点先制すると、2回満塁から2日酔い覚めやらぬ小林剛の走者一掃のタイムリーツーベースで4ー0とリードを広げます。
先発は大ベテラン新井努。昨年7月以来のマウンドです。キャッチャーも大ベテラン箕浦。卒業以来実に24年ぶりのバッテリー。
感慨深いものがありますねぇ。お互いボロボロになりましたね。
先発新井努は、毎回のようにランナーを出すものの、ベテランならではの巧みな投球術と見方の好守などで、なんと1失点で終盤へ。
もう体力の限界をとっくに越えている新井努が、8回1点とられて2ー4で最終回へ。
ここで完全に酔いの覚めた小林剛のこの日2本目のヒットを足がかりに坂口の内野ゴロで待望の追加点、5ー2。
その裏、交代を志願するも小林監督から続投命令を受けた新井努がなんとかピンチを切り抜けてどうにかこうにか9回完投勝利。5ー2で勝利しました。
合計92歳バッテリー頑張りました。 この調子で県北大会まで上げて行きましょう‼️
阿部、ファーストでファインプレイ連発。 箕浦、猛打賞。
小林剛、2安打、3打点、1盗塁。
新井努、9回完投今季初勝利。 今年マスターズ予選に出られなかったベテラン陣頑張りました。
もちろん若手もファインプレイたくさんしてくれましたけどね。 勝 新井努 1勝0敗

打撃成績 1安川357 2山口 2小林剛 4富樫 5小田 5内田 7坂口 8新井尚 8近石 8勅使河原 (規定到達12人)
首位打者もベテラン安川。ベテランいいですねぇ。

--監督後記--
先週の山田が、あの状況で、男気見せて志願続投したんだから、新井さん続投して当然だろ(笑
そして山口、大遅刻して、仕事の電話を装いながら、ベンチへ(笑
富樫も、携帯の目覚ましが鳴らないから大遅刻(笑
んなわけねーだろ(笑



【平成31年度県民総合体育大会熊谷市予選会(1部)】

平成31年3月10日  準決勝 玉中会 vs サンデーズ 5ー7負け

今年も熊谷市野球連盟の大会が開幕しました。今年もよろしくお願いいたします。
今日は昨年優勝した大会、県総体予選です。また抽選会で豪腕木村選手がくじシードを引き当ててくれたおかげで、いきなり準決勝です。
お相手はサンデーズさん。過去4勝3敗です。
先発は今年エース級の活躍が期待される山田。しかし今日は制球が定まらず初回からランナーを常に背負う展開。
そして2回、ピンチを切り抜けたかに見えましたが、微妙な判定で内野安打となってしまい1点先制されてしまいます。
玉中会もその裏、勅使河原の2点タイムリーで逆転。さらに3回、安川のポテンヒットと近石の犠牲フライで2点追加4ー1。
しかし4回、山田が四死球でランナーをためると、犠牲フライとトリックスチールで2点返され4ー3。
ブレイブフォースさんによくやられましたね。すっかり忘れてました。
玉中会もその裏、富樫の内野安打で1点追加5ー3。
しかし5回、死球のランナーを進められ、内野ゴロの間に1点返され5ー4。試合はこのまま終盤へ。
展開によっては最終回になる7回、ツーアウト2塁から、安川のレフト前でセカンドランナー富樫がホームを狙うも間一髪タッチアウト。無得点に終わります。結果このプレーで時間がわずか1分残り、8回へ。あくまでも結果論ですが、3塁で止まると、時間切れ終了でしたね。
すると8回、6回、7回と立ち直ったかに見えた山田が四死球でランナーをためてしまい、ノーアウト満塁。
ここで2番手内田にスイッチするも、犠牲フライなどで3点奪われ逆転されてしまいます。 完全に継投のタイミングが遅れましたね。ベンチワークのミスでした。
最終回、ランナーは出すものの得点ならず。5ー7で敗戦となってしまいました。
平成最後の連盟大会は初戦敗退という残念な結果に終わってしまいました。
次は5月の福永杯の県北大会です。また1から出直して県大会出場できるように頑張りましょう‼️
さらに玉中会に衝撃。2年間エースとして頑張ってくれた小林史選手が職場の入間東部事務組合さんに移籍するため、本日をもって登録抹消となりました。
昨年は熊谷市の優秀選手賞にも輝き、9年ぶりの県大会出場、2度の優勝の原動力になったくれました。
玉中会にとっては本当に本当に痛い戦力ダウンになってしまいました。熊谷市の連盟も残念がっていました。
が、前を向いて残った戦力でまた頑張って行きましょう‼️ 新天地での活躍期待しております。
もう玉中会で大会には出られませんが、たまにはクローバーカップなどに遊びに来てくださいね。
負 山田 0勝1敗 打撃成績は来週から。

--監督後記--
山田、自分の不甲斐なさに意気消チーン
草野球は、飲めば直る!飲み行くぞ(笑



【クローバーカップ予選第1戦】

平成31年3月3日  玉中会 vs レンズ(白岡市野球連盟1部) 5ー7負け

今年もクローバーカップが開幕しました。一年間よろしくお願いいたします。 ここ2年準優勝が続いているので、今年こそ優勝したいですね。
そのためにもスタートダッシュを決めたいところでしたが、結果近年稀に見るヒドイ内容の試合となってしまいました。
今日はエース小林史が仙台へ現場調査?へ行ってしまったため、先発は大阪帰りの富樫。
しかし2回、レフト木村の落球などで3点先制されてしまいます。
3回からは2番手山田。今年は小林史が来月以降ほとんど参加できなくなってしまうため、エース級の活躍を期待しています。
山田は要所で速球を投げこむ巧みな投球術で0を並べます。
すると5回、山田が2盗塁を決め、さらに相手悪送球も重なり1点返します。 試合はこのまま終盤へ。
7回、5イニング目の山田でしたが、レフトフライを木村がまた落球。
さらにセンターフライを富樫が目測を誤り、再びレフトフライを木村が目測を誤りこの回4失点。
試合の大勢は決まってしまいました。
外野に飛んだらほぼほぼアウトにできないようでは野球になりませんね。
最終回、富樫のヒットに相手失策が絡み4点返しますが、時すでに遅し。5ー7の自滅負けとなってしまいました。
クローバーカップ予選は黒星スタート。
次戦は必ず勝たないといけませんね。リーグ戦は前半負けがこむとモチベーションがなくなってしまいますからね。
チームは開幕3連敗。内容もヒドく大変な状態になってしまいましたが、来週はもう連盟大会です。
リセットして優勝目指して頑張りましょう‼️ 負 富樫 0勝1敗 打撃成績は5試合終了後。 実は現在首位打者富樫。

--監督後記--
本日は、まさに草野球DAY(笑
きむ、新井さんが笑ってない(笑
レフトきむへの集中砲火で、セカンド田中先輩は、まるで他人事(笑



【オープン戦】

平成31年2月24日  玉中会 vs BOOOOON(清瀬市野球連盟1部、ヴィクトリアリーグ1部、富士見市早起き野球) 2ー4負け

本日のお相手は、以前より対戦したかった超強豪BOOOOONさん。念願かなってやっと対戦することができました。
先発は昨年熊谷市の優秀選手賞にも輝いたエース小林史。
今年は仕事の関係で極端に参加日数が減ってしまいそうですが、来れる時は頑張ってもらいましょう‼️
しかし初回、小林史の今年の1球目を相手先頭打者がレフトオーバーの超特大ホームラン。あっという間に1点先制されてしまいます。
反撃は3回、ハワイ帰りの富樫の内野安打を足がかりに、相手失策でまず同点。
さらに近石が粘って押し出し四球を選んで2ー1と逆転に成功します。
しかし強力打線のBOOOOONさん。5回に同点に追い付かれたあと6回、連打にエンドランをからめられ、失策も絡み2ー4と逆転されてしまいます。
一気にたたみかける攻撃は勉強させられました。
最終回、ランナーは出すも得点できず。このまま2ー4と敗戦しました。
3回、4回の好機にもう少し得点しておかないといけませんでしたね。
お相手のBOOOOONさんは、走攻守全てにおいて高いレベルの素晴らしいチームでした。
またマナーも素晴らしく、非常に有意義な時間を過ごせました。是非リベンジさせてください。
連盟大会まであと2週間、きっちり仕上げて大会に挑みましょう‼️
また残念なニュースが一つ。シニアのオールラウンドプレイヤー大谷選手が、シニアの活動縮小にともない今年は登録しないことになりました。
わずか1年の在籍でしたが、野球に取り組む姿勢は素晴らしいものがありました。また機会があれば、一緒にやりましょう‼️
負 小林史 0勝1敗 打撃成績は5試合終了後。

--監督後記--
富樫君いいなぁハワイ!!
おれも旅行いきてぇ!!



【練習試合】

平成31年2月3日  玉中会 vs 深谷クラブ(深谷市野球連盟1部) 1ー8負け

2019年シーズンが開幕しました。本年もよろしくお願いいたします。
開幕戦のお相手は毎年恒例の深谷クラブさん。過去0勝6敗1分です。
今日はまだ2月だというのに、春のような暖かさ。絶好の野球日和でした。
開幕投手は内田。今日は味方のエラーなどもあり4イニング3失点。まずまずの仕上がりでした。
玉中会も相手エラーで1点返し、1ー3で中盤へ。この辺まではお互いにシーズン初戦ということもあってお互いにエラーが出る展開。
2番手は新加入小田。小田は自慢の快速球を武器に2イニング0に。
3イニング目に味方のまずい守備もあって3失点してしまいますが、今後に非常に期待の持てる内容でした。
このあたりから、お相手の深谷クラブさん、スイングは鋭く、守備も鉄壁に。うちはというと、相変わらずポロポロポロポロ。この辺が大きな差ですね。
8回にも3番手投手が2点追加され1ー8。
最終回、3安打で見せ場は作りますが、得点できず。1ー8の完敗でした。
深谷クラブさん、今年もありがとうございました。
今年も毎年恒例の黒星スタート。3月の連盟大会までにきっちり修正しましょう‼️
今日はうれしいニュースが。新人が二人入ってくれました。
まずは小田選手。投手兼内野手の入団です。
いやぁ、いいストレート持ってますねぇ。またヒットこそ出ませんでしたが、打撃もいいですねぇ。今後におおいに期待してます‼️
二人目は新井(尚)選手。捕手兼外野手の入団です。
デビュー戦で好投手からヒットを放ち上々の滑り出しでした。夏場以降手薄になりそうな捕手の補強ができて本当に良かったです‼️
あと1名程度、今年は補強したいところですね。 負 内田 0勝1敗
打撃成績は5試合終了時点からです。

--監督後記--
今年の目標
多彩な球種を安定させる
ストレートに磨きをかける
キムとのキャッチボールで(笑