※追加車種は、下のほうです※

オルタネーター交換

バッテリーは約12Vですが、エンジンが掛かっていると電圧は約13〜14Vです
自動車は充電しながら走りますので、オルタネーターが壊れると充電しなくなりエンジンが掛からなくなります

アイドリング中にもかかわら発生電圧は12V 電気負荷掛けたら8Vまで下がってしまった

オルタネーターはベルトで駆動し充電します  修理完了、発生電圧も正常です
リビルト品オルタネーター交換

逆に電圧が上がってしまう場合もあります(オーバーチャージ
オーバーチャージ
は、バッテリー異臭&最悪バッテリー爆発しますので危険です

QAこんなときは?

Q:バッテリー交換したのに、またバッテリーが上がってしまった
A:オルタネータ故障の可能性あります。直ちに点検して修理必要です

Q:メーター内のチャージランプ(バッテリーマーク)が点灯した
A:オルタネータ又はベルト切れの可能性あります。直ちに点検して修理必要です

Q:修理金額は?
A:部品価格は、中古品リビルト品新品です。いずれの部品を使っても工賃は一緒です。
中古品=一番安いがいつまでもつか解りません。最悪明日にでも壊れる可能性あります。ノークレーム・部品保証なし。
リビルト品=新品の約半値。中古をオーバーホールして消耗品を交換した物です。部品保証あり。だいたいリビルト品使うケースが多いです。
新品=部品としては一番間違いないが、値段が高い。

Q:外車は?
A:対応可能です。国産車よりは時間・金額掛かりますのでご了承下さい。

追加車種、オルタネーター交換

・光岡 初代ビュート 型式FHK11
・BMW318i E46 型式AY20
・スバルヴィヴィオRX-R 型式KK4

オルタネータに関するお問合わせはこちら
HOME無料見積フォーム料金案内修理例TOP