ヴィヴィオRX-R 型式KK3 Aタイプ カムシャフト組み間違いによるエンジン不調

症状:遅い、まるでNAのよう
修理内容:カムシャフト組み間違い

 
ヴィヴィオRX-R Aタイプ
アイドリング安定、空吹かしも良好だが、走行するとスーチャー利いてるのに、なぜか遅い、まるでNAのよう


デスビが目一杯進角
目一杯進角させて、基準値の10°に調整してある
デスビを標準位置くらいに戻すと、点火時期かなり遅れて絶不調


圧縮は、全気筒5キロくらい
基準値より低め


タイミングベルトは合ってるが・・・

 
カムシャフトが合ってない
IN側が、1コマ下にずれてる
原因はこれだ

 
さらに、ボルトが入らない
INカムは、かえり防止の2重ギヤなので、ボルトを入れて外さなければならないが、
ボルトを入れないで外した為か、サイドギヤがフリー状態で組み付けられており、ボルト位置が合わない
これも直します

 
INカム
こんな感じでボルト入れて下さい

 
合わせは、こんな感じで
1コマずれが、わかったでしょ?

 
完成
修理を終えての推察
絶不調だけど、組み間違いに気づかず、デスビで点火時期を無理やり合わせちゃったのかなと推察します

VIVIOを愛する皆様へ
啓発を込めて掲載しました

RX-Rも、だいぶ減りましたが、ヴィヴィオを愛するオーナーさんは多数健在
気合い入れていきましょ

エンジン不調修理に戻る

エンジン不調/故障診断に関するお問合わせはこちら
無料見積フォームも受付中です☆
参考料金HOME会社MAP
修理例TOP