平成13年 ダイハツミラ4WD 型式L710S エンジンEF-SE 走行距離81,000km 3番バルブガイド下がりでバルブ開きっぱなしの為、 3番圧縮ゼロでエンジン不調

症状:エンジン絶不調、なんとかエンジンは掛かるが全く吹けない
修理内容:バルブガイド交換ほか


ミラ4WD 型式L710S エンジンEF-SE 走行距離81,000km


3番のみ圧縮ゼロ


3番排気バルブクリアランス過多
ドライバー先が簡単に入ってしまいます
規定値では吸気0,15mm 排気0,25mmですが、約3mmくらいのクリアランスがあります


やっぱりバルブ開きっ放し


やっぱりバルブガイドが下がってます
ステムシールも外れています


簡単に抜けてしまうバルブガイド
軽く引っ叩いただけで簡単に抜けてしまいました
これじゃあガイドが下がっちゃいます


バルブガイド全数交換します
新品バルブガイドはオーバーサイズなので大丈夫かと思います


バルブガイド打ち込み


バルブ取付


ヘッド組み付け完了


ヘッドガスケット


ヘッド搭載


バルブクリアランス調整


完成


シリンダヘッド交換へ戻る

シリンダヘッド修理に関するお問い合わせはこちら
無料見積フォームも受付中です☆
修理例TOP参考料金案内HOME会社MAP