三菱パジェロミニ 型式H56A 2番排気バルブ曲がりの為、2番圧縮ゼロ シリンダヘッドオーバーホール

症状:2番圧縮ゼロ
原因:2番排気バルブ曲がり
修理内容:ヘッドオーバーホール


マイナーなパジェロミニで・・・軽四駆界の王道ジムニーを倒す

というオーナーさん

私、こういう考え方・・・すっごい好きです


平成8年 パジェロミニ 型式H56A エンジン4A30


2番圧縮ゼロ
1,3,4はOK
早速ヘッド降ろして点検です


どんどんバラシます


ヘッドカバーにカムシャフト内蔵されてます


1気筒5バルブで、排気2本、吸気3本です


ヘッド降ろしました


圧縮ゼロの2番です


2番の排気バルブが開きっぱなしです


かなり曲がってます

外傷がないので原因は憶測ですが、
燃焼温度が高すぎたり、燃料が濃かったり等々
バルブが耐えられなかったようです


ヘッドオーバーホールして、全バルブ交換していきます


部品点数も多いですね




摺り合わせ完了


ステムシール交換


バルブ交換




ヘッド組付完了

作業も中盤です
清掃&部品交換しながら組み付けていきます




ヘッドガスケット


ヘッド取付








交換した部品です


完成です

打倒ジムニー頑張ってください

シリンダヘッド交換編へ戻る

ヘッドオーバーホールに関するお問い合わせはこちら
無料見積フォームも受付中です☆
参考料金案内HOME会社MAP修理例TOP