あなたの依頼先は大丈夫ですか? 全ての自動車屋が認証工場じゃない 誰も知らない未認証工場での違法行為 その実態とは・・・

未認証取り締まり強化月間未認証取締りpdfファイル未認証取り締まり強化月間

皆さん、工場にリフトが設置してある自動車屋すべてが認証工場(自動車を分解整備出来る工場)だと勘違いしてませんか?

平成7年頃の法改正によりユーザー車検がOKになりました。裏を返せば誰でも車検できる事になりました。
その結果、今まで認証工場に車検や分解整備を外注に出してた自動車屋等が、
自分でも車検が出来るようになった訳です(これがユーザー代行車検です)。

恐らく、これら未認証工場の殆どは違法行為の認識がありません
元自動車整備士・クルマに詳しいから大丈夫っていう次元の問題ではありません。

しかも未認証工場に対して運輸局は積極的に取り締まっていません。
我々のような認証工場(整備事業場)には告知してますが、全国民に対しての告知は殆ど皆無です
では何がいけないのでしょうか??もう少し掘り下げていきます。


分解整備とは・・・

分解整備の定義

第3条 法第49条第2項の分解整備とは次の各号のいずれかに該当するものをいう。
(1) 原動機を取り外して行う自動車の整備又は改造
(2) 動力伝達装置のクラッチ(2輪小型除く)、トランスミッション、プロペラシャフト又はデファレンシャル、を取り外して行う自動車の整備又は改造。
(3) 走行装置のフロントアクスル、前輪独立懸架装置(ストラット除く)、又はリヤアクスルシャフトを取り外して行う自動車(二輪小型除く)の整備又は改造。
(4) かじ取り装置のギヤボックス、リンク装置の連結部、又は、かじ取りホークを取り外して行う自動車の整備又は改造。
(5) 制動装置のマスタシリンダ、バルブ類、ホース、パイプ、倍力装置、ブレーキチャンバ、ブレーキドラム(二輪小型除く)もしくはディスクブレーキキャリパを取り外し、又は二輪の小型自動車のブレーキライニングを交換するためにブレーキシューを取り外して行う自動車の整備又は改造。
(6) 緩衝装置のシャシバネ(コイルバネ及びトーションバー除くスプリング除く)を取り外して行う自動車の整備又は改造。
(7) けん引自動車又は被けん引自動車の連結装置(トレーラヒッチ及びボールカプラを除く)を取り外して行う自動車の整備又は改造。

難しい表現ですが、「未認証工場」 は業として、分解整備をしてお客様から料金を頂戴してはいけません。


未認証工場での違法行為

まさに法改正のグレーゾーンです
未認証工場でも分解整備をしているのが現状です
実際お客様は認証/未認証の判別がつきません
認証工場もしくは指定工場以外の人が、業として分解整備を行って料金を頂いてはいけないと法律で禁じています


調べたところによりますと返金請求できるそうです。
各都道府県の運輸支局・整備課が担当窓口になって未認証行為の情報収集等を行っております。

※埼玉県の場合※
埼玉県運輸支局、整備課 電話048-624-6981


誰でも分解整備してお金をもらえるのであれば認証工場の意味がなくなってしまいますよね。

分解整備の具体例を挙げますと、
ブレーキシューを交換した、ドライブシャフト交換した、クラッチを交換した、足回りを交換した、エンジンをおろした、ミッションおろした等、
他にも沢山あるのですが車の修理はほとんどが分解整備です。
もちろん車検整備にも分解整備がつきものです。
自己責任を問われる世の中ですので、車検等を依頼する際は依頼先が認証工場なのかご自身での確認注意が必要です。
依頼先が「元自動車整備士・クルマに詳しいから大丈夫」っていう次元ではありません。


認証工場の見分け方法は

認証番号

例えば当社ですと「認証番号4-1175」です。認証されていれば必ずこの「認証番号」があります
4-1175の「4」の意味は都道府県の埼玉県を表し、「1175」は県の登録番号順を意味します

よって、この認証番号は電話等で整備依頼する際も容易に聞く事が出来ます。
もしくは前回車検等していれば整備記録簿の事業場欄にも工場名と合わせて記載されてます


黄色い看板
黄色い看板の認証工場
認証工場にはこの「黄色い看板」があります


点検整備記録簿

ユーザー・代行車検では「事業場欄」がユーザー個人名であったり「認証番号」が記載されていません
さらに「整備主任者」が存在しませんので「整備主任者欄」は空白です


点検ステッカー

このステッカーは、ユーザー車検/代行では入手できません
認証工場で、車検・定期点検を受けた車両だけにステッカー発行します。

自動車保守管理も自己責任です
しっかりとした修理工場を選んでくださいね