日産フィガロ 型式FK10 エンジンMA10 タイミングベルト切れによるバルブ損傷

症状:走行中、タイミングベルト切れによるバルブ損傷
修理内容:バルブ交換等、シリンダヘッドO/H


日産フィガロ 型式FK10 エンジンMA10
走行中、突然エンジン異音と共にエンジン停止
走行中のタイミングベルト切れである


タイミングベルト切れ、コマが飛んでいる
かなりオイルも付着している、ベルト切れを加速させたようだ


こんなに酷いのは久しぶりに見た


とりあえず新品タイミングベルトを装着しエンジンを掛けてみるが・・・


残念ながら圧縮ゼロ
@Bゼロ AC6〜7キロ
バルブが突いてしまったので、ヘッド降ろして修理となる


ヘッド降ろして・・・


点検してみると・・・


バルブがおもいっきり開いてる
バルブ交換を前提に作業を進める


曲がったバルブ


ヘッドも面研します


ピストンは大丈夫でした
作業も折り返しです
部品交換しながら組み付けていきます


ヘッド面研


バルブ擦り合わせ


バルブ組み付け


シリンダヘッド完了


ヘッドガスケット


シリンダヘッド搭載


完成です

歳を重ねると、当時の車が良く見えるのは、私だけなのだろうか

当時の日産は色褪せない

是非、末永く乗って頂きたい(終)


シリンダヘッド修理に戻る

シリンダヘッド修理に関するお問い合わせはこちら
無料見積フォームも受付中です☆
修理例TOP参考料金案内HOME会社MAP