4代目レガシィ 型式BP9 タイトコーナー修理

タイトコーナーとは、車庫入れ等で、ハンドル目一杯切って進もうとすると、
車体がガガガガと振動する、というような症状です
特にリヤ足回りが引っ掛かったような/ブレーキが利いたような、感じです

修理内容:多板クラッチ交換

 
4代目レガシィ 型式BP9 タイトコーナー発生
4代目になって、タイトコーナーはだいぶ少なくなったようですが・・・残念ながら発生するようです

 
トランスファ ばらし

 
多板クラッチ交換

 
完成
先代に比べれば軽症ですが、多板クラッチって、シビアなんですね

【たまには、認証工場の告知】
私のHPご覧の皆さんは既にご存知ですが、
この修理は分解整備ですので、未認証工場ではNGですよ

タイトコーナー修理へ戻る

タイトコーナーブレーキング現象修理に関するお問合わせはこちら
 ☆
無料見積フォームも受付中☆
参考料金会社地図
HOME

自動車修理例TOP