三菱パジェロミニ 型式H56A オイル上がり修理

症状:オイル消費大
修理内容:オイル上がり修理ほか

 
三菱パジェロミニ 型式H56A
走行1000kmで、エンジンオイル1リッター消費、オイル上がりである

 

 

 
オイル消費大は、バルブやピストンに燃えカスが堆積し真っ黒

 

 
スラッジがピストン溝に堆積し、ピストンリング(オイルリング)固着の為、オイル上がりを起こす
以上のことを踏まえ、清掃、部品交換しながら復元します

 
ピストンリング交換(オイル上がり)

 
ピストン取付

 
ブロック完成
近年、ブロックも軽量化傾向にありアルミ製が多いが、やはり鋳物が一番イイ
余談ですが、オーバーヒートさせてしまったアルミ製エンジンブロックは、使い物にならない

続きまして、シリンダヘッドへ
 
バルブ交換

 
ステムシール交換(オイル下がり)

 
バルブ組み付け

 

 

 
シリンダヘッド搭載

 
完成
オーナーさんとの出会いを感謝すると共に、これからも熱いオーナーさんの期待に応えていきたい

整備士を志す若人へ
時代はハイブリッドだが、まだまだガソリンエンジンは面白い
君たちのお父さんやお爺ちゃんの若い頃の写真見れば、きっと愛車と写ってるよ
愛車と共に、素晴らしい人生を歩んでほしい

オイル上がり?下がり?に戻る

オイル上がりに関するお問い合わせはこちら
無料見積フォームも受付中です☆
修理例TOP参考料金案内HOME会社MAP