スバル 初代フォレスター 型式SF5 M/T タイトコーナー修理

症状:タイトコーナーブレーキング現象
修理内容:センターデフ交換


タイトコーナーブレーキング現象とは、4WD特有の症状で、
車庫入れや駐車場等で、ハンドル目一杯切って発進すると、
車体がガガガガと振動する、症状です
特にリヤ足回りが引っ掛かったような/ブレーキが利いたような、感じです

 
初代フォレスター 型式SF5 M/T
タイトコーナーは、レガシィだけかと思ってましたが、フォレスターでも発症します

 
センターデフ

 
センターデフ及びベアリング交換

 

 
完成
ATもMTも、センターデフの多板クラッチは、見た目で良し悪しがわかりません
きっとデリケートな部品なんだと思います

タイトコーナー修理は高額ですが、皆さん拘りのあるオーナーさんです
これからもスバルを楽しんでくださいね

タイトコーナーへ戻る

タイトコーナーブレーキング現象修理に関するお問合わせはこちら
 ☆
無料見積フォームも受付中☆
参考料金
HOME修理例TOP