ヴィヴィオRX-R KK3 Cタイプ オイル消費大

症状:1000kmで1リットルのオイル消費大
修理内容:ピストン及びバルブ、ステムシール交換ほか

 
ヴィヴィオRX-R KK3 Cタイプ
RX-Rの度ノーマル
渋すぎる

 
1000kmで1リットルのオイル消費大
マフラー出口も煤で真っ黒

 
今回の修理方針は、
なるべくお金の掛からないように、エンジン降ろさずクランク関連そのまま
最低限のピストンリングとバルブ及びステムシールくらいでいければと

 
もの凄いスラッジ堆積
ソケットが入らないほど

 
ヘッド降ろし

 
バルブに燃えカス堆積

 
ピストンにも燃えカス堆積

 

 
オイルリング固着
ピストンが、手で簡単に入ってしまう

 
ブロック面とヘッド面の歪みが、限界値ギリギリ
ボアは、なんとか基準値内

 
ピストンは、基準値オーバーで、再使用不可

 
燃えカス堆積したバルブも交換

 
クランクシャフトがオイルシールで摩耗
これはどうにもならないので、若干ずらして付ければ、漏れ大丈夫かな


余談ですが、ドライブシャフトがガッツリ嵌まって抜けない
私には、どうやっても抜けない
抜けないと、今後エンジンミッション降ろせない


余談ですが、ガッツリ固着して、なんとか外れたオイルフィルター
工具が滑って回らないほど

以上のことを踏まえて今回の修理は、
ピストンは交換、歪み限界だがヘッドガスケット交換でなんとかいければ、
リヤクランクのオイル漏れはドライブシャフトが抜けないので、クラッチ交換も含め、今後の課題に

それでは各部清掃交換しならが組み付けへ

 
ピストン及び子メタル交換

 
ピストン取付
新品ピストンにしたので、シリンダとの隙間は基準値内に

 

 

 
バルブ&ステムシール交換

 
シリンダヘッド搭載
ヘッドもブロックも歪みが限界値ギリギリ、厚みのあるヘッドガスケットに期待、なんとか頑張ってくれ

 
カムシャフト組み付け

 
シム調整
16箇所中⇒13箇所調整

 


修理完了
これにて様子見て頂くことに
今回の修理は、結構ギリギリだったと思います
今後の心配は、
クーラントがどの程度減るのか
リヤクランクのオイル漏れ進行は
なによりドライブシャフトが抜けないことにはエンジンミッション降ろすことができない
いろいろと今後の課題が見えました

ヴィヴィオを愛するオーナーさんのご参考になれば幸いです

オイル上がり下がりに戻る

オイル上がり/下がりに関するお問い合わせはこちら
無料見積フォームも受付中です☆
修理例TOP参考料金案内HOME会社MAP